WordPressのテーマとは?選び方のポイントと変更する場合の注意点を解説

アイキャッチ画像

どうも、なぎです!

以前から、何度かこのブログで「WordPress(ワードプレス)」についてを解説させていただいています。

WordPress(ワードプレス)とは?初心者でもわかるよう特徴を解説します! WordPress(ワードプレス)とは?初心者でもわかるよう特徴を解説します!

パソコン初心者の方からしてみれば「ワードプレス」という言葉自体にまだあまり馴染みがないかもしれません。

ですが、実は「世界中のウェブサイトの25%はワードプレスで作られている」というデータがあるほど、ウェブの世界では非常に有名で人気なのが【ワードプレス】なのです。

そんな世界中で大人気なワードプレスですが、ワードプレスで作成したご自身のウェブサイトに特に大きな影響を与える機能があります。

それがワードプレスの「テーマ」です。

ウェブサイトは、ワードプレスの「テーマ」ひとつでサイトの構成や見た目や印象などが一瞬でガラリと変わってきます。

ということで、今回の記事では【そんな重要な役割を持つテーマについてと、利用する上での注意点について】を、詳しく解説していきます!

その前に「ワードプレスって何?」という方には以下の記事が参考になると思うので、コチラをご一読してから戻ってきていただければと思います^^

WordPress(ワードプレス)とは?初心者でもわかるよう特徴を解説します! WordPress(ワードプレス)とは?初心者でもわかるよう特徴を解説します!

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマとは?

まず最初に「そもそもワードプレスのテーマとは一体何なのか?」ということについて、お話しさせていただきます。

ワードプレスのテーマとは、簡単に言うと【Webサイト全体を構成するテンプレート】になります。

テーマ=サイト全体のテンプレートのようなものなので、このテーマを変更することによって「サイト全体の着せかえ」を簡単に、かつ瞬時に行うことができます。

基本的にテーマについてはこれくらいの認識で大丈夫だとは思います。

ですが、テーマを自分流にカスタマイズしたい方や、より深く知りたいという方のために、ここではもう少し詳しくご説明していきたいと思います。

ここから少しお話しさせていただく内容は、基本的には理解できなくても大丈夫ですので、何言っているか全然わからないという場合でもご安心ください^^

応用知識

テーマは複数の「テンプレートファイル」と呼ばれるファイルで構成されています。つまり複数のファイルを集結させることで、ひとつのテーマが完成するのです。

そして、テーマに含まれる「テンプレートファイル」の例としては、以下のようなものがあります。

テンプレートファイル名 そのファイルによって表示される内容
page.php 固定ページ
single.php 個別投稿
header.php ヘッダー
sidebar.php サイドバー
archive.php アーカイブ

テーマをカスタマイズしたい場合は、これらのテンプレートファイルを編集することで自分流にデザインなどをアレンジし、カスタマイズをしていきます。

また、テーマを変更する場合にはファイルを一式すべて取り出す方法もありますが、一部のファイルだけを入れ替えることもできます。工夫次第で様々なカスタマイズをすることが可能ということですね!



さて、テーマについての概要に話を戻しますが、WordPressのテーマには「無料のもの」と「有料のもの」があります。

無料でも有料でも優秀なテーマはかなり豊富に揃っていますので、ご自身の状況などに合わせてベストなテーマを探し出して、選んでください^^

なぎ

ちなみに、僕のこのブログは「SANGO」という有料のテーマを使用して構成されています。

買い切りで10,800円と決して安くはない「SANGO」なのですが、有料ということもあってやはり抜群に使い勝手がいいので、お金を出して購入して良かったと思っています。

一応「SANGO」を説明している公式ページのリンクを貼っておくので、ご興味のある方はぜひ参考にご覧いただければと思います!

SANGO公式ページ

テーマを選ぶ時のポイント

テーマを選ぶ時のポイント

テーマは基本的に見た目で選びますが、「ただ見た目が好きだから」という理由だけでは選ばないようにするのがオススメです。

テーマを選ぶときには、まず【自分が作りたいサイト】がどんなサイトのタイプなのかをはっきりと決めて、自分自身で把握するようにしてください。

  • ブログを作りたいのか
  • ECサイトを作りたいのか

上記のことだけでも、選ぶべきテーマがかなり絞られます。

それでは、ここからは【テーマを選ぶ時のより細かいポイント】について、より詳しくお話ししていきたいと思います!

レスポンシブ対応しているかどうか

レスポンシブ対応しているかどうか

閲覧している人の画面サイズに合わせて、サイトのデザインが自動で調整され、表示されることを「レスポンシブ」といいます。

  • パソコンで見ている人にはAという表示
  • タブレットで見ている人にはBという表示
  • スマホで見ている人にはCという表示

レスポンシブに対応している場合には、上記のように「見ている人の画面サイズ」に合わせて、サイトが表示されます。

そして、この【レスポンシブに対応しているかどうか】というのが、テーマを選ぶ時のひとつの大きなポイントになります。

というのも一昔前とは異なり、最近では、スマホなどのモバイル端末からネットを見るのが当たり前になってきています。

参考

実際に、僕のこのブログを訪れてくれている方の半分は、モバイル端末で見てくれています。

その大きな要因のひとつとして、Wi-fiの普及や使用できるギガ数が上がったことで、モバイル端末でもネットを使いやすくなったということが考えられますね!

そのため、今の時代にアクセスを多く集めるためには、スマホ表示でも見やすく使いやすいサイト(=レスポンシブ)であるということが欠かせないのです。

日本語に対応しているかどうか

日本語に対応しているかどうか

どんなにかっこいいテーマを使用していたとしても、それを使いこなせなければ、最終的にかっこいいサイトは出来上がりません。

英語がめちゃくちゃ得意な方ならこのポイントは気にしなくても大丈夫ですが、そうじゃない方は「日本語に対応しているのかどうか」を確認するのもオススメです。

日本語に対応していない場合、テーマに関して何かわからないことがあっても日本語で説明されている情報はほとんどありません。

これを踏まえた上で、英語があまり得意でないという方は「日本語に対応したテーマ」を選ぶことをオススメします!

情報が多いかどうか

情報が多いかどうか

そのテーマに関する情報がネット上に多いかどうかも、意外とテーマ選びをする際に大切なポイントになります。

なぎ

利用者が多いテーマや人気のテーマだと、多くの情報がネット上にありますね!

情報が豊富にあるということは、何かトラブルがあった時や少しカスタマイズしたい時などに、ネットで検索すればすぐに解決策が見つかる可能性が高いということです。

「すぐに解決策が見つかる」ということは、それだけ効率的に作業出来るということですよね!

スムーズに作業していくためにも、できるだけ「ネット上に情報が多いテーマ」を選ぶようにするというのは、個人的にはかなりオススメです!

テーマを利用する上での注意点

テーマを利用する上での注意点

非常に便利なワードプレスのテーマですが、利用していく上で注意すべき点も、もちろんあります。

完璧には理解できなくても絶対に知っておいた方が良いので、ここからは「テーマを利用する上での注意点」について、お話しさせていただきたいと思います!

テーマを更新する場合

テーマを更新する場合

WordPress(ワードプレス)本体やプラグインに更新があるように、テーマにも定期的な更新があります。

テーマの更新には、「不具合の修正や機能の向上・改善」などが含まれるので、できるだけ最新版にアップデートしておくことを僕はオススメしています。

ですが、テーマを更新した場合には、基本的に今までカスタマイズしてきた内容はすべて初期化されてしまいます。

正確には…

テーマを更新することによって、カスタマイズしてきた情報に新しいバージョンの情報が上書きされてしまうということです。

「じゃあどうやって更新すればいいの?」という話なのですが、この悲劇を避ける方法はあります。それが、カスタマイズは「子テーマ」に手を加えて行うようにするという方法です。

MEMO
子テーマはテーマ(親)の分身のようなもので、テーマ(親)がもつ機能やスタイルなどをすべて引き継いだテーマのことです。

この「子テーマ」については、別記事で詳しく解説させていただく予定ですので、記事の更新まで楽しみにお待ちいただければと思います。

また、何かあったときのために「更新をする前にデータのバックアップをとっておく」ということも、オススメです!

バックアップのとり方については以下の記事で解説していますので、もしよろしければコチラも合わせてご覧いただければと思います^^

FTPソフトに関する解説のアイキャッチ画像 利便性を大幅に上げる便利なFTPソフトとは?メリットも合わせて解説します!

テーマを変更する場合

テーマを変更する場合

テーマを変更する場合には、きちんと「そのテーマが安全なのかどうか」ということを必ず確認するようにしてください。

というのも、無料のテーマには安全性に欠けているものや、意図的に危険なソースを含ませたようなものも極稀にですが、あるのです。

セキュリティ的に問題がないかなど、無料テーマをインストールする前に必ず確認する癖をつけるようにしてくださいね!(確認する方法としては、以下のような方法があります)

  • そのテーマについて調べる
  • テーマの提供元のことを調べる
  • そのテーマの導入事例を調べる

また、念のため「テーマを変更する場合」にもバックアップをとっておくようにするのが、個人的にはオススメです!

さいごに

さいごに

以上が【ウェブサイトを作る上で重要な役割を持つテーマについてと、テーマを利用する上での注意点】になります。

同じ内容のサイトでも、テーマが違うだけで全く違った印象のサイトになります。

見た目や機能性がご自身の目指すサイトに合うテーマを見つけて、自分流にカスタマイズ・アレンジしていってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です