メルマガを配信する最適な頻度とは?メリット・デメリットから考えてみた

メリット・デメリットから考える!メルマガを配信する最適な頻度はどれくらい?

どうも、なぎです!

突然ですが、質問です。

メルマガ配信する頻度はどれくらいが最適だと思いますか?

どうしてこんな質問をするのかと言いますと、実は「メルマガの配信頻度」というのは、読者さんに読んでもらうためには非常に重要なポイントになってきます。

メルマガの件名や本文の内容はもちろん大切です。ですが、この【配信頻度】というのも、読者さんに与えるメルマガのイメージに大きく影響してくるのです。

ただ闇雲に毎日書いて配信すればいいというわけではありませんし、かといって思いついた時だけ配信するのも効果的ではありません。

配信頻度を間違えたままメルマガの配信を続けていては、読者さんにひたすらマイナスイメージを与えてしまいますし、最終的には配信を解除されてしまいます。

ということで、今回の記事では【読者さんにとって負担とならないメルマガにするために最適な配信頻度はどれくらいなのか】ということを解説させていただきます!

配信頻度別のメリットとデメリットを含めてお話しさせていただきますので、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてもらえると嬉しいです^^

メルマガを読まない理由:第1位「配信頻度が多い」

メルマガを読まない理由の第1位「配信頻度が多い」

ある調査によると、読者さんたちが選んだ「読まないメルマガの特徴」として第1位になったのが「配信頻度が多いメルマガ」ということでした。

つまり、毎日メルマガを配信しすぎて、読者さんに「またこの人か」と感じられて価値を失い、その結果として読まれなくなるということです。

特に長文メールの場合には、毎日配信するとそのボリュームに読者さんが引いてしまい、鬱陶しがられてしまうパターンが多いです。

もしも毎日メルマガを配信したいという場合、本当に数行だけの簡潔でスッキリした内容のものにするよう心がけるのが個人的にはオススメです!

最適な配信頻度は人によって異なる

最適な配信頻度は人によって異なる

どれくらいが最適な配信頻度なのかは、読者さんによってそれぞれ異なります。

  • 毎日がいいのか
  • 週に2〜3回がいいのか
  • 週に1回だけがいいのか

例えば、少しだけ興味があって登録した人にとっては、毎日メルマガが配信されてきたら「なんだかちょっと鬱陶しいな…」などと感じてしまう可能性があります。

反対に「すぐに情報がほしい!」という人にとっては、毎日メルマガが配信されてきたらそれに対して価値を感じてくれます。

このように、読者さんそれぞれによって「最適な配信頻度」というのは異なるのです。

一般的には週に2回〜3回

一般的には週に2回〜3回

読者さんによって最適な配信頻度は異なると言っても、一般的にはメルマガの配信頻度は「週に2回〜3回がベスト」だと言われています。

ですが、これはあくまで目安ですので、メルマガのメインテーマやキャラクターによっても変わってきます。

そのため、最初は週に2回〜3回くらいのペースで配信してみて、頻度を増やしたり減らしたりしながら「自分のメルマガにとってベストな配信頻度」を見つけていくようにしてください。

あと、ここでひとつ覚えておいてほしいことがあります。

たまにしか配信されないメルマガは確かに目を引きますが、配信の間隔が空くことによって、読者さんの興味や関心自体が薄れてしまうという側面も持っています。

また、たまにしか配信されないメルマガでは、読者さんとの信頼関係を築いていくことは難しいですし、信頼関係を構築できたとしても時間がかかります。

これを踏まえた上で、メルマガを配信するようにしてくださいね^^

それぞれのメリットを比較

それぞれのメリットを比較

それでは、ここからは「配信頻度が多い場合」と「配信頻度が少ない場合」のメリットを比較して見ていきたいと思います!

配信頻度が多い場合のメリット

読者さんとの信頼関係を築きやすい

配信する回数が多いということは、お問い合わせやメールへの返信など、読者さんと直接やり取りをする機会が増えます。

そこでしっかりと誠実な対応をすることができれば、読者さんと深い信頼関係を築くことが出来ます。

より早く成果アップに繋がる

配信する回数が多いということは、それだけ本文中のURLのクリック数や販売機会を増やすことが出来ます。

つまり、より早く最終的な成果アップに繋げることが出来るのです。

配信頻度が少ない場合のメリット

メール1通に対する価値が高くなる

配信頻度が少ないメルマガでは、配信者が本当に伝えたいことだけ、かつ読者さんが本当に求めている情報だけが書かれています。つまり、内容の濃いメルマガが作れます。

そのため、読者さんの中で「その1通のメールの価値」というのが高くなります。

ブランディングしやすい

読者さんにとっての「メール1通」に対する価値が高くなるので、そのメールの内容というのはしっかりと最後まで読んでもらえます。

本当にいい内容を書いていれば、この時点で読者さんは、「この人の情報をもっと知りたい」とファンになってくれまするハズです。

それぞれのデメリットを比較

それぞれのデメリットを比較

それでは、配信頻度が多い場合と配信頻度が少ない場合のデメリットについても、それぞれ比較して見ていきましょう!

配信頻度が多い場合のデメリット

配信を解除される確率が高くなりやすい

配信頻度が多いと、読者さんに「鬱陶しいな」と思われてしまう可能性が高いです。

すでに信頼関係が出来上がっていたり、興味関心が濃い読者さんの場合は大丈夫ですが、配信頻度が多すぎるメルマガというのは、配信解除されやすい傾向にあります。

情報が薄いメルマガになりやすい

頻繁にメルマガを書くということは、そのメルマガに書かれた情報の濃さが薄くなったり似たような内容が多かったり、ブレブレな発信になってしまう可能性があります。

薄い情報ばかりを発信しているようでは読者さんは離れていきますので、配信解除にも繋がりやすくなります。

配信頻度が少ない場合のデメリット

読者さんに忘れられる可能性がある

メルマガを配信する間隔が空いてしまうことで、読者さんに存在を忘れられてしまう可能性や、他のメールに埋もれたまま気付かれない、という可能性が出てきます。

また読者さんの興味関心が薄れやすいので、濃い読者さんの取りこぼしを起こしてしまう可能性もあります。

成果を出す機会が少なくなる

配信頻度が少ないということは、それだけセールスをする機会も少ないということです。

セールスをする機会がそもそも少ないので、コツコツと成果を出していくことは難しいです。

まとめ

まとめ

配信頻度が多くても少なくても、それぞれにメリット・デメリットがあります。

読者さんの配信解除率やクリック率、開封率などのデータを見て「どれくらいの頻度で配信していくのが自分のメルマガにとってベストなのか」を、いろいろ試して見つけ出してください。

また、僕個人としては、メルマガは不定期ではなく「定期的に配信すること」をオススメしています!

その理由は以下の記事に詳しく書かせていただきましたので、興味のある方はぜひこちらも合わせてご覧ください^^

メルマガビジネスの鍵を握る【開封率】を上げる5つのポイントとは…? メルマガビジネスの鍵を握る【開封率】を上げる5つのポイントとは…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です