反応の取れるレターを作成するために効果的な8つの具体的なテクニックとは

反応の取れるレターを作成するための8つの具体的なテクニック

どうも、なぎです!

先日、ブログでランディングページ(レター)について、いくつか記事をアップして解説させていただきました。

ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備 ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備 売れるランディングページ(LP)をつくるための設計図と重要な8つの要素 売れるランディングページ(LP)をつくるための設計図と重要な8つの要素

以上の2つの記事の中でも「レターの書き方や必要な要素」を解説してきましたが、実はレターを書く上でもうひとつ大切なことがあります。

それが、【反応や成約率を高めるための8つのテクニック】です。

というのもレターは、ただ単に書けばいいというわけではなく、読者さんが反応するものを作成する必要があります。ただなんとなくレターを書いていても、成約率は低いままですからね!

ということで、今回の記事では【反応の取れるレターを作成するための8つの具体的なテクニックについて】詳しく解説させていただきます!

初心者の方でも直ぐにできるようなテクニックばかりですので、ぜひ最後までご覧になって、早速実践してみてくださいね^^

レターで大切な大前提とは

レターは言葉に感情を込める

まず大前提として、レターでは「できる限り言葉に感情を込めること」を意識して心がけてください。

人間は、感情の動物と言われています。もちろん理性も備わってはいますが、やはりどんなにきれいな言葉よりも、感情の込もった言葉に惹かれるものです。

どんなに文脈が整っている文章でも、どんなに素晴らしい語彙力があっても、読者さんの感情に訴えかけることができなければ、商品が売れることはほとんどありません。

そのため、とにかくまずは「言葉に感情を込めて心に訴えかけること」が、反応の取れるレターを書くために重要になってくるんですね!

\ 注意 /

レターによって商品やサービスを売り込むことだけを考えて作業するのは、絶対にNGなので、お気をつけください。

もちろん、レターの役割として商品やサービスを売ることも、確かにとても大切なことです。

ですが、それよりもレターで大切なのは「読者さんの悩みを解決する方法を提示して、その解決策から得られるであろうメリットや変化・結果を伝えること」です。

“なぎ”

「買わせる」のではなく、「商品やサービスに納得して、買いたいと思ってもらう」ということですね!

レターとしての大切な役割をしっかりと理解した上で、読み進めていくにつれ、読者さんが段々とワクワクしてくるようなレターを作ることを意識するようにしてください!

8つの具体的なテクニック

8つの具体的なテクニックとは

それでは、早速【反応の取れるレターを作るための8つのテクニック】について、ひとつずつ解説させていただきます!

信頼性を高める

信頼性を高める

売りたい商品やサービスに関して「それ自体の価値を高める情報」は、できる限り集めて書くのがオススメです。

  • お客様の声
  • 実績
  • 実例
  • 統計データ
  • エピソード

売り手側がどんなに一生懸命商品やサービスについて説明しても、結局は「売り手が売りたいから言っている情報」という風にしか基本的には受け取られません。

ですが、逆に「売り手ではない[誰か]や[何か]からの情報」については、読者さんは信頼しやすい傾向にあります。

特に「その商品やサービスを実際に購入したお客様の声」というのは、その信頼性を非常に高めてくれます。というのも、人には他人と同じ行動を取りやすいという社会的証明の原理があるからです。

そのため、もし実際にすでに販売した経験がある商品やサービスの場合は、お客様の声は必ず入れるようにするのをおすすめします!

このように、売り手からの言葉だけでなく[誰か]や[何か]からの情報を取り入れて、レターの信頼性を高めていってくださいね!

無料というフレーズを入れる

無料というフレーズを入れる

人は「無料」という言葉に対して、非常に敏感に反応する傾向があります。

というのも、「何かにお金を払う」という行為はほとんどの人にとって痛みを伴う行為であり、大多数の人がそれを避けたいと思っているからです。

  • 無料で◯◯を手に入れる方法とは?
  • 無料で〇〇をプレゼントします!

このテクニックはレターだけでなく、メルマガのタイトルやオプトインページなどにも通用するテクニックですので、頭の片隅には置いておくようにしてくださいね!

特典を付ける

特典を付ける

売りたい商品やサービス自体とは別に、「独自の特典をつける」というのも、レターで反応を取るためには効果的です。

  • プロテインを買ったらシェイカーが付いてくる
  • ビールを買ったらビールグラスが付いてくる
  • 有料教材を買ったら個別サポートが付いてくる

ここでひとつ注意してほしいことがあるのですが、「特典として付けるもの」と「本来売りたい商品やサービス」には、必ず関連性が必要となってきます。

例えば

上記の例を使って言えば、プロテインを購入してくれた人に対して有料教材の個別サポートを付けたところで、プロテインを買った人からしたらその特典は何の魅力もありませんよね。

そのため、本来売りたいものと特典として付けるものに関しては、その関連性が必ず必要になってくるのです。

もし仮に特典の価値を高めることができたら、それに比例して「本来売りたい商品」や「サービス」の価値を高めることにも繋がります!

限定性を押し出す

限定性を押し出す

期間限定や数量限定などの限定性を押し出すことも、レターで反応をとるためには効果的なテクニックになります。

  • 今だけ〇〇プレゼント!
  • ◯日までに申し込んでくれた人限定でプレゼント!
  • 先着◯名様限定です!

時間的や数量的な制限があると、人は積極的に行動するようになる傾向があります。逆に、このような制限がないと人は行動することを先延ばしにする傾向があります。

そのため「何かしらの制限をかけること」は、レターで反応を取るために、非常に効果的なテクニックになるのです!

保証をつける

保証をつける

「保証をつけること」も、レターで反応を取るためには非常に効果的です。

ダイエットで有名なラ○ザップが【痩せなかったら返金保証!】と謳って大流行していたのがいい例ですね!

商品やサービスの効果を保証することや、返金を保証することによって、読者さんが感じている購入に対してのハードルが、グッと引き下がります。

保証対象にあらかじめ条件をつけておけば、悪用される等のトラブルになるリスクは減らすことが出来るので、そこは安心してくださいね^^

ブレッド(箇条書き)を活用する

ブレッド(箇条書き)を活用する

ブレッド(箇条書き)を活用することによって【より簡潔】に悩みやメリットを書き出せるので、読者さんに、よりわかりやすく商品やサービスを伝えることが出来ます。

箇条書きにする文章はもちろんシンプルなものでも大丈夫なのですが、個人的には「表現を肉付けする」のがオススメです。

例:化粧水に関する商品の場合
  • 乾燥を防げます
  • →脱・乾燥肌で冬でもしっとりすべすべ肌に

上記のような感じに「シンプルな表現に肉付けをする」ことによって、読んでいてワクワクするような文章になるので、読者さんの反応が取りやすくなります!

感情的な言葉を選ぶ

 
感情的な言葉を選ぶ

日本語というのは少し特殊なもので、同じ意味の言葉だとしても、その言葉を受け取る人によって受け取り方が若干異なってきます。

そんな特殊な日本語ですが、どんな人にも反応してもらいやすいのは、知性的な言葉よりも「感情的な言葉」になります。

  • 満喫する→楽しむ
  • 拝見する→見る
  • 驚愕する→ビックリする

書かれた文字をパッと見た瞬間にどの表現が感情的にわかりやすいかを考えて書いてみてくださいね!

声に出して読んでみる

声に出して読んでみる

レターの作成がある程度終わったら、最後に必ずそれを声に出して読んでみることを習慣づけるのがオススメです!

声に出して読んでみると、それまでは自分で気付かなかったような、言葉のチョイスがおかしい部分や文脈がおかしい部分、誤字脱字など、どこかに必ず修正点が見つかるはずです。

細かいと思うかもしれませんが、そういった細かい部分でもレターを読む読者さんからしたら気になるものなのです。

“なぎ”

最後のひと手間、手抜きせずにしっかり実践してみてください!

まとめ

まとめ

以上が、【読者さんから反応を取れるレターを作成するための8つのテクニック】になります。

ひとつひとつの内容に関しては、難しいことはなかったと思います。ですが、いきなりすべてを考えるのは頭が混乱してしまうと思うので、ひとつずつクリアしていってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です