売れるランディングページ(LP)をつくるための設計図と重要な8つの要素

売れるランディングページ(LP)をつくるための設計図と重要な8つの要素

どうも、なぎです!

以前、ランディングページ(LP)についての詳細と、ランディングページ(LP)を書くための下準備について解説させていただきました。

ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備 ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備

ランディングページ(LP)を書く場合、上記の下準備ができたらその次に、LPの設計図を作って「ある程度の構成」を考えていく必要があります。

ということで、今回の記事では【売れるランディングページ(LP)をつくるための設計図と、重要な8つの要素について】を詳しく解説させていただきます!

LPを作成するのは決して簡単なことではありませんが、魅力的なLPを作ることができたら、それだけで成約率が高くなります。

“なぎ”

成約率が上がれば売上も大幅にアップしていきますので、この機会にぜひ習得してください^^

ランディングページ(LP)って何?という方は、先ほどもご紹介させていただいた以下の記事が参考になると思いますので、こちらをご一読になってくださいね!

ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備 ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備

LPの設計図で重要な8つの要素

LPの設計図で重要な8つのポイント

ランディングページの設計図としては、基本的には以下の8つの要素ポイントとして必要になってきます。

  • キャッチコピー
  • 共感
  • ベネフィット
  • 商品の説明
  • お客様の声
  • 差別化
  • Q&A(よくある質問)
  • アクション導線

今はまだ具体的なイメージができていなくても大丈夫です。それぞれ説明していくので、一緒にひとつずつ見ていきましょう!

キャッチコピー

キャッチコピー

キャッチコピーは、ページを開いた瞬間に目にするファーストビューの部分です。

ここで、読者さんの興味や関心をグッと引いて「読み進めたい!」と思わせることが大切になってきます。

ランディングページでは、ファーストビューの時点で読者さんに「あ、なんか違うな」と思われてしまったら、基本的にその時点でページを閉じられてしまいます。

“なぎ”

そのため、このキャッチコピーはめちゃくちゃ大事な要素になります!
ポイント
  • 目立つように大きく記載する
  • 興味関心を引くインパクトのある言葉で簡潔にする

共感

共感は「なぜこの商品やサービスを多くの人が欲しがっているのか、求めているのか」などを説明し、読者さんが興味をもってくれる【きっかけ作り】をする要素になります。

この時に意識すべきポイントは、読者さんが持っていると思われる悩みや不安点を「読者さんの声を代弁するつもり」で、いくつか書き出していくということです。(箇条書き)

共感

上記画像のような感じにいくつか悩みや不安を書き出して、「そうそう!わかる!」と読者さんに共感してもらうことで、興味を引くことができます。

共感によって興味を引くことができたら、「これら(共感の要素)の悩みや不安はこの商品やサービスで解決できます」のように締めるのがオススメです!

ベネフィット

共感の部分で「解決できます」という風に締めくくったら、次に「なぜ、どのように解決できるのか」ということを分かりやすく簡潔に説明しています。

ここはいわば、きっかけから興味を膨らませていく段階になるのですが、これがベネフィットの要素になります。

ベネフィット

ベネフィットでは、「読者さんにどんなメリットがあるのか」や「購入することで、どうやって今よりいい状態になるのか」ということを読者さんにアピールしていきます。

\ 注意 /

ここで注意してほしいことがあるのですが、ベネフィットの要素で説明するのは商品やサービスそのものではなく、あくまで「そこから得られるメリット」です。

商品やサービスを購入することでどんなメリットを得ることができるのか、ということを明確に説明するようにしてください!

商品の説明

商品の説明

共感やベネフィットを見てきた読者さんは「早く商品やサービスの詳細が見たい!」、もしくは「購入したい」と思ってきています。

そこで、次に【商品やサービス自体の説明】を分かりやすく記載していきます。

ポイント
  • 料金を明確に記載する
  • サイズや色などバリエーションがある場合はそれも記載する
  • 画像や表などがあると◎

読者さんがよりイメージしやすいように、商品やサービスの写真はできるだけ用意するのがオススメです!

お客様の声

お客様の声

商品の説明やベネフィットを説明するだけでは、いざ購入しようと思っても「本当に購入したほうが良いのか?」という読者さんの迷いは消せません。

そこで「実例・実績・口コミ」など、実際のお客様の声を紹介して、読者さんの迷いや不安を払拭させて背中を押します。

ポイント
  • (可能な場合)実績などに顔写真を付ける
  • (可能な場合)居住地/名前/年齢/などの情報を載せる
  • 1行目にベネフィットの要約を記載する

差別化

差別化

他の類似商品やサービスとはどこが違うのか、を明確に記載します。

例えば、「どこが違うのか、ここだけの独自性、他よりも優位なポイント」などをピックアップして記載していく感じです!

“なぎ”

特典やプレゼントをつけて差別化するのもオススメです!

Q&A(よくある質問)

Q&A(よくある質問)

Q&A(よくある質問)を記載することで、読者さんが抱えている細かい部分の疑問点や不安な部分を解決してあげます。

読者さんの疑問点や不安な部分を解消してあげられればあげられるほど、読者さんに安心感を与えてあげることができます

安心感を感じてもらうことができれば、それに比例して【コンバージョン率(成約率)】も同様に上がっていきます。

ポイント
  • 質問内容とその回答は1行で明確に書く
    (詳細は、明確に書いた1行の下に書く)

アクション導線

アクション導線

アクション導線とは、読者さんにアクションを求める要素になります。

例えば

読者さんに商品やサービスの購入を求めるなら、「お申し込みフォーム」や「申込みボタン」などがアクション導線になります。

他にも、読者さんに電話やメールでのお問い合わせを求めるなら「電話番号」や「メールアドレス」を目立つように置くことによって、アクション導線を設置することができます。

ポイント
  • ボタンはパッと見てクリックできると分かるようにする
  • 送料無料や期間限定などのメリットがあれば記載する
  • 1つ目のアクション導線はファーストビューの範囲内にする
  • 各コンテンツの終わりにアクション導線を配置する*
    *各コンテンツ内容が薄い場合は[2コンテンツの後に1アクション導線]のように置くなど、その都度工夫してください。

まとめ

まとめ

以上が、ランディングページに必要な8つの要素になりますが、それぞれの要素をまとめると「LPの構成」としては以下のような感じになります。


最初は難しいと感じるかも知れませんが、LPはネットビジネスで稼いでいくために欠かせない、非常に重要なものになります。

何回か作って慣れてくれば、比較的簡単にいいページが作れるようになりますので、投げ出さずに、少しだけ辛抱して作業してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です