ホルモン治療開始から数年経った今でも実感する唯一の変化とは?

ヒゲの変化アイキャッチ

どうも、なぎです!!

今までにも何度か述べていますが、僕が2014年に男性ホルモン注射による治療を開始してから約5年が経ちました。

“なぎ”

今までにどれくらいの量を、注射何本分ぐらい打ってきたんでしょうか…。
1.5本/月 × 60ヶ月(5年間)= 90本
僕はエナルモンデポー250mgを2週間〜3週間スパンで注射しているので、1ヶ月に1.5本打ってたとして、1.5本(エナルモンデポー375mg)× 60ヶ月(5年間)で計90本(33,750mg)ということになりますね(^^;

金額についてはもうあまり考えたくもありませんでしたが、せっかくの機会なので大まかに計算してみたいと思いますw

エナルモンデポー250mgで約1900円、先ほど同様に月1.5本打っていたと仮定して、月間のホルモン注射代金は2,850円だったとします。

2,850円 × 60ヶ月(5年間)= 171,000円

5年間で17万円ちょっとだと意外と少ない感じがしますが、これがこの先何十年も続いていくと考えると、やっぱり結構大きな金額になるなーという印象です。

さて、話が違う方向に反れてしまったのですが、これだけホル歴が長くても、僕には未だに顕著に変化が起こり続けていることがあります。

それが、ひげの生え方です。

ということで今回の記事では【ホル歴5年でも変化し続けるヒゲの生え方】について、お話させていただきます!

“なぎ”

僕の場合は今もひげの生え方に変化がありますが、ホルモンの影響は人それぞれなので参考程度に読んでいただければと思います。

ホル歴0ヶ月〜現在に至るまで

僕は、ホルを打ち始める前から人よりも全体的にやや毛深い方でした。

そんな僕がホルを打ち始めてから現在に至るまで、どのような変化があったのかを時系列でお話ししていきたいと思います!

ホル前〜ホル1年目

先ほど、僕はもともと毛深い方だったと言いましたが、うぶ毛程度に生えているひげに関しても写真に撮ってわかるくらいには生えていました。

そのため、ホルを開始したらひげがめっちゃ生えてくるんじゃないかと期待していたのですが、残念なことにホルを打ち始めてからも、ひげにはほとんど変化がありませんでした。

参考

ひげ以外の体毛は、ホルを開始してから2〜3ヶ月位から確実に増えました。

ホル歴2年目〜3年目

ホルを打ち始めてから2年ほどは、ひげの生え方にほとんど変化はありませんでした。ですが、ホル歴2年目を過ぎたころに、突然口ひげの生え方が変わってきたんです。

生え方が変わったと言うか、生えてくるひげの質が変わった感じです。

  • 明らかにひげが太くなった
  • 明らかにひげが固くなった
鼻の下の口ひげだけでしたが、上記のような、以前とは質が変わったひげが生えてくるようになったんですよね。

“なぎ”

僕はずっとひげを生やしたかったので、この変化を実感できたときはとても嬉しかったです!
参考

もみあげ部分からアゴにかけてのひげは、この時点ではうぶ毛すらほとんど生えていませんでした。

ホル歴3年目〜4年目

その後しばらくは口ひげの変化しか感じられませんでしたが、ホル歴3年目〜4年目に差し掛かる頃に、ようやくもみあげ辺りに変化を感じるようになりました。

というのも、以前までもみあげは耳たぶ辺りまでしかなかったのですが、少しずつその範囲を広げていって、エラの辺りまで毛が生えるようになったんです

“なぎ”

もみあげが伸びるだけでパス度がめちゃくちゃ上がったように感じました!
パス度とは
ここで言うパス度とは、性同一性障害(女→男)の人が、カミングアウトをしていない人に純男として認識される割合のことです。

ちなみに、そのままアゴヒゲまで生えないかなーとも期待していたのですが、またしばらくひげの生え方に変化は起きませんでした。

ホル歴4年目〜5年目

そして最近になってようやく、アゴひげの生え方に変化が起き始めています。というのも、まだ数十本程度なのですが太くて固い質の、いわゆる「ひげ」といえる毛が生えてきたんです!

“なぎ”

ホル歴5年目にしてようやくです…!!
参考

僕が昔から人生で一度はやってみたいと思っていることがあるのですが、それが「ウシジマくん」のひげのスタイルなんですよね。わからない方はググってみてください!笑

エラ辺りまで伸びたもみあげと、あごに生えたアゴひげが少しずつ繋がってきてくれているので、この調子で頑張って顔周りをひげが一周してくれることを願っています!

ひげを生やしてからの変化

僕は丸顔ですごく童顔なのですが、ひげが生えていなかったころは幼く見られてしまうことが多かったんです。

“なぎ”

今年で25歳ですが、今だにひげがないとスーパなどでも年確されます…笑

ですが、ヒゲを生やしてからは年相応に見られるようになりましたし、パス度も格段に上がりました。そのため僕にとって「ひげ」は意外と超重要なんですよね。

おそらくひげの生え方については今後も継続的に変化があると思いますので、また何か変化や気付きがあり次第、ブログやTwitterなどでご報告させていただきます。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です