ウェブセールスをする上で気を付けるべき「してはいけない5つのコト」とは

ウェブセールスをする上で気を付けるべき「してはいけない5つのコト」とは?

どうも、なぎです!

インターネットで「セールスレターの正しい書き方」などと調べると、数多くのサイトがヒットするかと思います。

ですが「これは書かないほうがいい!注意したほうがいい!!」のように、セールスレターを書く上で注意すべきポイントについて詳しく書いてあるサイトって、意外と少なくないですか?

たしかに、書かないほうがいいことや注意すべきポイントだけを詳しく解説しているサイトって少ないかも…。

“ねこさん”

ですが、セールスレターにおいて書かないほうがいいことや注意すべきポイントというのは、実はかなりあるんですよね。

そして実際に、セールスレターの中で書くべきでないことを書いてしまったり、注意するべきポイントが注意できていないと、当然ですが読者さんの反応率は下がってしまいます。

ということで、今回の記事では【ウェブセールスをする上で気を付けるべき「してはいけない5つのコト」について】初心者の方でもわかるよう詳しく解説していたいと思います!

その前に、「そもそもセールスレターって何?」という方には以下の記事が参考になると思いますので、ぜひこちらもご一読ください^^
ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備 ランディングページ(LP)とレターの違いって?LPを書くために必要な3つの下準備

してはいけない5つのコトとは

してはいけない5つのコト

それでは早速ですが、ウェブセールスをする上で気を付けるべき「してはいけない5つのコト」について、それぞれお話しさせていただきます!

  1. 本題に入るまでが長すぎる
  2. 専門用語や難しい言葉を多用する
  3. リンクをたくさん貼りすぎる
  4. 画像を一切使用しない
  5. 売り手目線ばかりになる

1.本題に入るまでが長すぎる

本題に入るまでが長すぎる

本題に入るまでが長すぎてしまうのは、読者さんがそのページから離脱する大きな要因の1つになります。

というのも、基本的にインターネットで何かを検索する人というのは「知りたいことがあって、その答えを求めている」という人がほとんどです。

つまり、求めている答えが明確だからこそ、その答え以外の情報についてはあまり興味を持たない、という傾向にあるのです。

求めている答えが明確ということは、まず冒頭の文章を読んでみて「あれ?このページなんか違うぞ」と思った時点で、基本的に読者さんはそのページからすぐに離脱して次のサイトを探し始めます。

MEMO
ここでいう【離脱】とは、読者さんがそのページを閉じてしまうことを指しています。
つまり、読者さんは冒頭の部分で自分が探す答えが得られるのかどうかを判断している、ということだね!

“ねこさん”

本題までを長ったらしくするのではなく、冒頭の部分で「このページで最終的に何を伝えたいのか」ということをある程度ハッキリと伝えてしまうというのも、読者さんの反応をとるには効果的になります!

2.専門用語や難しい言葉を多用する

専門用語や難しい言葉を多用する

専門用語や難しい言葉を多用することは、絶対にNGです。

一見、専門用語や難しい言葉を使ったほうが「この人いろいろ知ってるかも!」と思ってもらえそうですよね。

ですが実際には、知らない専門用語や難しい言葉を見た瞬間に、それを読んでいる読者さんはそのページから離れたくなるものなのです。

というのも、人間というのは、成し遂げた事柄や理解した事柄よりも「やりかけの事柄やよくわかっていない事柄に対してより強い印象を持つ」という性質を持っているからです。

これを【ツァイガルニク効果】と言います。

MEMO
ツァイガルニク効果をより詳しく説明すると、人は達成できた事柄よりも、達成できなかった事柄や、やりかけの事柄の方をより強く覚えているという現象のことです。
実った恋愛よりも実らなかった恋愛の方が印象に残っているのも【ツァイガルニク効果】なんだね!

“ねこさん”

読者さんが知らないような専門用語や難しい言葉を使うことは、この「ツァイガルニク効果」を引き起こして、読者さんがそのページから離脱してしまう要因になります。

“なぎ”

まず、ページを読み進めていくにあたってわからない言葉が出てくると、人の思考はそこでストップします。
そこまでは問題なさそうだけど…。

“ねこさん”

“なぎ”

その結果、ページに書かれた内容よりも、わからない言葉の方に気を取られてしまうようになるのです。
そのページへの興味よりも、分からない専門用語や難しい言葉に興味が湧いてきてしまうということだね。

“ねこさん”

このような「ツァイガルニク効果」を引き起こしてしまうことで、そのわからない専門用語や難しい言葉を調べるために、読者さんはそのページから離脱してしまいます。

そして、わからない専門用語や難しい言葉を調べるためにサイトから離脱した読者さんというのは、基本的には多くの場合でそのサイトに戻ってくることはありません。

というのも、自分と同じような専門用語を使ってその言葉の意味を説明しているサイトというのは、自分が発信している情報と同じような情報を発信しているはずですよね。

つまり、自分のページで読者さんが求めていた情報というのが、読者さんが言葉を調べるために訪問したその他サイトにも、同じように書いてある可能性が大きいというわけです。

そうなってしまったら、読者さんが自分のページに戻ってくる理由はなくなってしまいますよね。

でも、もしどうしてもそういった言葉を使いたいという場合にはどうすればいいの?

“ねこさん”

“なぎ”

そういう場合は以下のような感じに、同じページ内で軽く補足説明しておくのがオススメです!

僕はFTMなので、2〜3週間に一度エナルモンを注射しに行っています。

質問です!FTMってなんですか?

読者さん

なぎ

FTMはFemale To Menの略語で、女性から男性へという意味です。世間一般で言う性同一性障害のことですよ!
そうなんですね!
では、エナルモンってなんですか?

読者さん

なぎ

エナルモンは、エナルモンデポーという男性ホルモンの1種です!その注射をしに行っているんです^^

このように、同じページ内(できればその言葉の前後)で専門用語などの補足説明をすることで、ツァイガルニク効果を引き起こしてしまうことを防ぐことができます!

3.リンクをたくさん貼りすぎる

リンクをたくさん貼りすぎる

リンクを必要以上に貼ってしまうのも、先ほどご紹介した【ツァイガルニク効果】を引き起こして、読者さんをページから離脱させてしまう要因のひとつになります。

“なぎ”

例えばメールの文章の途中にリンクがあったら、そのリンク先の内容を確認したくなりませんか?
たしかに、メールの続きよりもそのリンク先の方が気になっちゃうかも…。

“ねこさん”

本文の途中でリンクを貼ることで、リンク先の内容を確認していないからそっちが気になってしまう、という【ツァイガルニク効果】を引き起こしてしまうのです。

また、リンクはある意味そのページ(メール)からの出口となります。

必要のない出口をいくつも貼っていては、もちろんそれだけ離脱する読者さんも増えてしまいますし、読者さんの反応率も下がっていってしまいます。

読者さんを本当に誘導したいという「最終的なゴールへのリンク」以外は、セールスレターの中には「リンク」は極力貼らないようにしましょう!

4.画像を一切使用しない

画像を一切使用しない

「ページが重くなるし、面倒臭いからセールスレターの中に画像なんていらないでしょ!」とお考えの方の方、画像は絶対にあった方が良いですので、お気を付けください。

例えば、「文字だけが並んでいるページ」と「文字と画像(写真やイラスト)があるページ」なら、あなたはどちらのページの方が見ていてワクワクすると思いますか?

僕なら絶対に文字と画像(写真やイラスト)があるページ!!

“ねこさん”

それに、いくら言葉で詳しく説明したとしても、商品の写真や構図・イラストなどの「画像の説得力」には敵いません。そのため、ページの内容と関連性のある画像はできるだけ使うのがオススメです!

注意

画像が多ければ多いほどページが重くなるのは確かですので、そこは柔軟に対応してください。

また、ページと関連性がない画像を使うのは意味がありませんので、そこも合わせてご注意ください。

5.売り手目線ばかりになる

売り手目線ばかりになる

初心者の頃はどうしても仕方ないのですが、読者さんからの反応率が悪い最大の原因として「売り手目線からだけの内容になってしまっている」というパターンが多くあります。

どうすれば「売り手目線からだけの情報」になっていることから抜け出せるの?

“ねこさん”

“なぎ”

何よりもまず、読者さんが求めていることや解決策は一体どんなことなのか、ということをよく考えてみてください!

「読者さんが本当に求めていること」や「悩みや不安などの解決策」、また「そこから得られる読者さんにとってのメリット」には一体どんなことがあるのか?ということをよく考えてみるのです。

もっとわかりやすく簡潔に言うと、商品やサービスの特徴を羅列してゴリ押しをするだけではなく、その「商品やサービスによって得られるもの」などを読者さんに示してあげる感じです。

読者さんが実際に行動をするのは、読者さん自身が納得したときだけです。つまり、こちらがどんなにゴリ押しだけをしたところで、読者さんの心には響きません。

だからこそ、読者さんにとっての悩みやメリットなどを【読者さん目線】で書くことが大事になってくるのです。

どんなことを伝えたら最終的に読者さん自身が納得をして行動してもらえるのか、ということを常に意識して考えるようにしてくださいね!

まとめ

まとめ

以上が、【ウェブセールスをする上で気を付けるべき「してはいけない5つのコト」】になります。

今回ご紹介したことをやってしまうと、読者さんが行動しようと思ってもその行動を阻害することになりますし、読者さんの行動意欲を阻害するということは成約率も低いままになってしまいます。

高い成約率を出して大きな収益を上げるためにも、ぜひ、今回ご紹介した5つのコトを意識して作業してみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です